ハッピーメールでセフレを作るための方法を口コミで確認

ハッピーメールでセフレを作ることはできるのか?!
実際に利用しているユーザーの口コミや評判を参考にして判断してみましょう!

ハッピーメールの口コミセフレ作りテクニック

 まずは相手を安心させることです。これには割と時間を要します。男の性として、速く相手にあってやることをやりたいという思いはあって然るべきだと思います。しかしそうしてがっついていることが相手の女性に分かると、警戒されてしまいます。性パートナーならば、体を任せるわけですから、相手がそこを委ねる相手として安心なところをみせないといけません。まずは落ちついて、自分を知ってもらうこと、そして相手をしるためには相手が自分のことを話やすい状況にすること、つまりは相手に心を開かせることを成立させることです。出会い系サイトならば、まずは対面でなく、ネット内コミュニティでのやりとりから関係が始まります。そこではまず傾聴の姿勢をとることです。相手は現実での生活でパートナーを見つけられずにサイトを利用するはずです。それなら、それなりの恋の悩みもあるはずです。それに寄り添い、自分ならその欲求を満たすことが出来ると相手に想ってもらうように話を進めることです。
 いやらしい話ですが、私の場合では相手のかつての恋の失敗や仕事の失敗の悩みに乗るという形から話を始め、最終的には落ちついたら食事でも行ってすかっとしようといった感じに誘い出し、それから体の関係にもっていくようにしています。
とにもかくにもまずは焦らず相手を知ることです。
 

 
プロフィールに対しての注意点は、特技を料理という形で家に誘えるような物を選びました。やはり、行為を考える上で家に入ってくれるというのは、大きな点だと考えました。そのため、特技を料理としました。また、逆に趣味は、ランニングやボルダリングとして、アクティブな物にするようにし、変な気を悟られ過ぎないようにしました。また間口が広くなるようにとも考えました。
ターゲットには、ぽっちゃりとした人を選んでいました。理由としては、3点あります。
1点目は、私の癖として巨乳好きということがあり、おっぱいの大きな女性を選んでいくとどうしてもぽっちゃりした方が多くなってしまうということです。
2点目は、ぽっちゃりした方は少なからず、食べ物を好きな方が多いので、デートに誘うために近くで食事に行きたい場所があるというような話をしやすく、またそれに乗ってきやすくなるためです。
3点目は、ぽっちゃりした方で褒められ慣れてない方が多く、それが響く方が多いという理由です。ただ、可愛いなどの言葉は当たり前すぎるので、ダメです。それより、細かな部分で、色が白いや肌が綺麗などを褒めると響きやすいので、それを狙って褒めるようにすると、嬉しくなり、テンションが上がってくれ、行為にいきやすいです。

私は出会い系サイトのハッピーメールで現在2人の女性と体の関係(セフレ)を持っています。2人もハッピーメールで見つけた方です。1人は人妻の方で2人目は大学に通う女子大生です。2人ともサイト内の掲示板にて相手を募集していてそこに私からメールを送り、現在に至るという形です。
まず1人目の人妻の方ですが、掲示板には「誰か癒してください」というタイトルで投稿していました。気になりメールをしてみると結婚し旦那さんは居るが、その旦那さんは性に対してとても淡白で夜の営みが非常に少ないのだそうです。なので完全に「抱いてほしい」と思い出会い系を始めたのだとか。運よく出会い系を始めて間もなくであり、1番最初の投稿だったこともあり話はとんとん拍子に進みました。奥様的にも出会い系でダラダラと相手を探すことは避けたかったそうでした。とりあえず、体の相性を確かめようということになり会いました。結果的に相性は良く、今では月に2回くらい奥様に呼ばれ抱かせてもらっています。
2人目の女子大生ですが、この子に関しては1番最初の出会いは「割り切り関係」での出会いでした。掲示板で募集をしていた所に、たまたま私がメールを送り会うことになりました。その時のプレイは至って普通でした。ホテルでHして色々話をしていたのですが、性に対する考え方や同じ事に興味を持っているという事で、次も会いたいと意気投合しその日のうちに次の予定を決めました。この子とはアブノーマルな関係でもあります。お互いの性的欲求を満たしあうための関係です。なのでプレイも会うたびに過激になっています。
2人とも清楚系でありスタイルもよく、いい意味で普通の人妻さん、女子大生です。テクニックと呼べるかわかりませんが私は基本的に出会い系に登録して間もない子を中心に狙っています。出会い系慣れしている子だと割り切りで会うにも自分を過大評価してしまい条件が割高になっていたりといい思い出がなかったので。登録したばかり=素人感MAXというのが自分の好みでもあります。そんな子を抱けたり自分のいう事を聞く従順な子に育てることに快感を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です